FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■2012年11月25日 川内村からの福島第一原子力発電所の撮影

2012年11月25日に、川内村から福島第一原子力発電所(1F)を撮影しましたのでUPします。
撮影が晴天の午後だった為、気温の上昇で大気がゆらぎ、残念ながら画像は荒れています。
・2012/12/06追記
ちなみにここは、2012年11月23日放映のNHKスペシャル『"帰村"村長 奮闘す~福島・川内村の8か月~』でも撮影された場所と見ました。
しかし、あの番組はダメです。帰村の為に村長が奮闘している姿ばかりがクローズアップされていて、未だに1Fから放射性物質が漏洩している事実には触れず、もう1Fは事故が収束していて安全で、除染さえすれば川内村は安全だという認識を視聴者に植え付けています。現状の汚染状況(放射線量等)も触れていません。
村長の「故郷に戻りたい」というのは状況判断をしていないただの心情で、一般人の「危険なところには住みたくない」と思うのが当たり前です。
ちなみに、福島県のTVでは各地の天気予報と一緒に各地の放射線量も放映しています。福島では当たり前ですが、これを知った知り合いの首都圏の方は、未だにそんな状況が続いている事に大変驚いていました。向こうでは原発事故は「既に終わったこと」、と思っている人が多いようです。
私から言わせれば、1Fから最短10数kmの距離で生活するのは、今の状況から考えれば、有り得ません!!




この撮影場所は、楢葉町住民の従弟が見つけてくれました。
1Fまで直線距離で約13.7kmです。
・焦点距離:28mm
IMG_0314a.jpg

・換算焦点距離:130mm
A02Z3588a.jpg

・換算焦点距離:390mm
A02Z3586a.jpg

ちなみにこの場所の線量は、[RADEX RD 1008]で2.68μSv/hで、β線も52Bq/cm2*min(換算で約133Bq/kgかと)ありました。
川内村は除染が始まっていますが、ここはまだ高いです。
IMG_0308a.jpg

1~4号機。4号機建屋は上部が撤去されていました。
・換算焦点距離:1,560mm
・撮影機材:[EF 600mm F4L IS]+[EXTENDER EF2×Ⅲ]+[EOS 1D MarkⅣ]
A02Z3555a_1~ 4

1~2号機原子炉建屋手前に見えるタンク群が、循環冷却注水システムの仮設貯蔵タンクかと思われます。
・換算焦点距離:1,856mm
・撮影機材:[BORG77EDⅡ]+[1.4倍テレコンバータ]+[SIGMA 2倍テレコンバータ]+[EOS 1D MarkⅣ]
A02Z3563a_1_2.jpg

3~4号機。
・換算焦点距離:1,856mm
・撮影機材:上記に同じ
A02Z3568a_3_4.jpg

1~2号機。
1.4倍テレコン組込みの714mm超望遠レンズに、更に2倍テレコンの2台掛け。
・換算焦点距離:3,712mm
・撮影機材:[BORG77EDⅡ]+[1.4倍テレコンバータ]+[SIGMA 2倍テレコンバータ]+[EXTENDER EF2×Ⅲ]+[EOS 1D MarkⅣ]
A02Z3575a_1_2.jpg

3号機。
・換算焦点距離:3,712mm
・撮影機材:上記に同じ
A02Z3571a_3.jpg

4号機。見えませんが。
・換算焦点距離:3,712mm
・撮影機材:上記に同じ
A02Z3574a_4.jpg

川内村は、緊急時避難準備区域が解除され帰村宣言が出されましたが、1Fからこの距離で生きていくのには、私にはどうにも不安が残りました。
スポンサーサイト
プロフィール

VTnekoZ

Author:VTnekoZ
FC2ブログへようこそ!
このサイトの画像の著作権はVTnekoZに帰属します。転載等、使用される場合はご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。